new house 新 築
建てる前に体感で知る

VRで空間確認

VR

図面から起こした3D空間に モデルハウスを見学するように入り込める。

イメージを体感できるVRとは?

VR (Virtual Reality) は、ヘッドセットを装着するだけで立体的な仮想空間を体験できるツールです。
具体的には、まだこの世に存在しない図面上の建築デザインを仮想空間で立体化し、モデルハウスを見学するように「見てまわる」ことができます。
これまで施主様にとっては「建ててみないとわからない」状態で進むしかなかった家づくりですが、VRを用いたプレゼンは、より正確なイメージとスケール感を「事前に知る」ための手助けをしてくれます。

pointVRのメリット

  • 圧倒的没入感
    原口想建がVRを導入した決め手はこれです。VRはヘッドセットを装着すれば仮想の建物内に入室し、360度ぐるりと見渡し、歩いて見て回る、ということができます。仮想空間とはいえ「自分がその場にいるような感じ」はとてもリアルで、建てようとしている家のスケールやイメージをかなり正確に”わかる”ことができます。
  • 視点を変えて見回せる
    一定方向から眺めるだけの図面やイメージ画像と違い、VRでは能動的に視点を変えられます。「座る、見上げる、のぞき込む、しゃがむ、横になる」などの動作が可能です。実際の生活で行う動きを再現してみるとより一層リアルな「建てた後の暮らし」をつかむことができます。
  • ギャップが埋まる
    仮想空間での確認は、建てる家のイメージを施主様と原口想建とで具体的に共有できます。建ててしまってからの後悔を防ぎ、施工前から「もっとこうして欲しい」というご要望を細かくキャッチアップできます。
  • 感覚で理解できる
    窓の大きさ、高さ、位置、そこから広がる視界を、果たして図面の数値を見てどれほど具体的に想像できるでしょうか?VRなら想像力はいりません。ただ見て確かめればよいだけです。

注文自由宅における
VR空間確認の重要さ

伝えたいのに伝わらないもどかしさ

お打ち合わせで図面をお見せした時、施主様が想像されるイメージと原口想建が実際に建てようとしている家は当然ながらまったく同じではありません。

それどころか、施主様側からすれば「ほぼなにもわからない」のではないでしょうか。
そもそも図面から家を想像できるのは建築家の特殊な能力です。施主様は建った家を見て始めて図面に何が描かれていたのかを知ることになります。それが「想像以上に良いものでした」という喜びにつながるなら良いですが、「こうなるとは思わなかった」という失望になってしまってはいけません。そうならないために建築家はこれまで、イメージ図を用意したり小さな模型を作成したりといろいろな努力をしてきました。

しかし図面や模型だけから、これから建てようとしている建物のイメージを正確に読み取るのは困難です。

VRはこの問題を、大幅に解決してくれます。
実際の建築に入る前に建物を立体化し、そのイメージの中に入り込むことにより、「実際の家の中」をかなり正確に体感することができます。

原口想建の家は建てたものをお披露目した時、「想像以上」と感動していただけることが多いです。
大変光栄なことですが、一方で「建てようとしている家のイメージが施主様に伝わりきれていない」とも言えます。

もっと正確に伝えたい、という想いを実現するVRは、
施主様にとって、安心して家づくりを進められる効果があり、
原口想建での家づくりを更により良くする為の頼もしいツールです。