kikaku-home 規格住宅

注文自由宅の次の選択肢
原口想建の規格住宅

グラフテクト

注文自由宅 - オーダーメイド - の品質を受け継ぐ
規格住宅- レディ・メイド -の誕生です。

オーダーメイドと同品質でも、高いコストパフォーマンス
憧れのキッチン ハウスプロダクト「グラフテクト」標準採用 原口想建デザインプロデュース
注文自由宅と同等の各種住宅性能値 業界標準を上回る、高度な断熱性・気密性

価格 1,830 万円 (税別)

2,013万円(税込)

※ 業界の標準に合わせた価格です。(その他工事別途費用)

ARMS BOX

フルオーダーメイドを超えたコストパフォーマンスのレディ・メイド

モデルハウス建築中:
2021年10月公開予定

なぜ、レディ・メイドなのか

原口想建は創業時から注文自由宅の制作にこだわり、力を注いできました。
家はオーダーメイドであるべき、住まう家族の生活と人生にぴったりとしつらえた家こそが、目指すべき家づくりだという信念を持っています。

一方で、打ち合わせやお問い合わせから「原口想建が企画した規格住宅はないのですか?」という声をたくさん頂いていました。
「注文自由宅でなくてもいい、しかし原口想建のコンセプト・施工で建てた家が良い」
このような強いニーズがあることを知り、私達は「原口想建の規格住宅」に向き合うことにしたのです。

レディ・メイドとコストのこと

なぜ、原口想建のレディ・メイド(規格住宅)を求める声が多いのか。
理由はシンプルです。規格住宅は完全注文住宅と同じのものを作っても、コストが2割~2.5割も抑えられるからです。

家というのは、飛行機の次にパーツの多い商品と言われます。
原口想建の注文自由宅は1点もののオーダーメイドです。
デザインと性能、そしてお客様のご要望を叶えるパーツの組み合わせは無限にあり、
完全に自由だからこそ、予算と工数は膨らみます。

レディ・メイドであれば、この無限の組み合わせの試行錯誤を
原口想建が先行して整えておくことができます。

ある程度まで完成しているものを仕上げていくからこそ
ゼロベースから始めるよりはるかに効率良く、コストが抑えられるのです。

レディ・メイドと品質のこと

では、コストを抑えて造った規格住宅は、完全注文自由宅に品質で劣るのでしょうか?

そんなことはありません。
家庭ごとの個人の事情に合わせなくていい規格住宅だからこそ、より高い水準を満たせるのです。

注文自由宅の家づくりは音楽の生演奏と似ています。
一度きりのステージに向けて全力を出し切り、二度と同じ演奏はできません。
条件も毎回異なり、いくつもの仮説と業者さんとの密なやりとりを繰り返し、一つの家をつくっていきます。
これは原口想建の専売特許のようなもので、積み上げた独自のノウハウがあってやっと実現しているのです。

対してレディ・メイドのつくり方は、スタジオ収録と言えるでしょう。
私達は原口想建の家を好きだと言ってくださる人の顔を想像しながら、
「これは原口想建の家らしい?もっと良い形は無いかな?これならもっと好きになってくれるかも?」
と、わくわくしながら、生演奏でつちかった技術やパッションをレディメイドの家に詰め込みました。

たくさんの注文自由宅を建て、お客様のご要望に向き合った私達には
求められる性能・品質、そして好まれるデザインの傾向と集約が見えています。

原口想建のレディ・メイド住宅には、
注文自由宅で培ったこれまでのお客様との苦労と試行錯誤が詰まっています。

レディ・メイドと家づくり後の暮らしのこと

家を建てた後の幸せな暮らし。
それが実現できるように、私達は家づくりの予算について、シビアにプランニングしていきます。
理想を追い求めた施工計画とかぎりある資金計画は、問題なく両立することなどほぼありえません。

「原口想建なら」と希望を持ってコンタクトしてくださり、
「原口想建で建てたかった」と去っていかれる方々の失望を私達は解決したかった。
あきらめる以外の選択肢を探した時、
私達はこだわりの筆頭である注文自由宅から、さらに一歩踏み出しました。

ゼロから作り出すことにこだわり抜ける方々がいる一方で、
質の良いものを手に入れてから磨くほうが楽しめる人もいます。
どちらの手法で手にした家も、価値にちがいはありません。

肝心なのはその家が、住む人にどれだけ愛してもらえるかです。
原口想建のレディ・メイドは、
私達が自信を持ってつくった大切な家を、気に入ってくださる方々に手渡すイメージになります。

YesNo-Chart

完全オリジナルでゼロからお好みの住宅を作り上げる 注文自由宅と、 決まったデザインからセレクトしていく規格・企画住宅。
どちらが自分の作りたい家に合うのか、考えてしまうことはありませんか?

質問に答えていくだけでどちらに向いているか診断できる、YesNo-Chartをご用意しました。
お気軽に試してみて下さい。