works施工実績一覧

原口想建の施工実績

【最優秀賞受賞】箱庭を愉しむ和モダンなしつらえと生活空間が融け合う家

2017/11/22 

3階バルコニーのあるグレーの外観

施主様のご希望・条件

ゲストをもてなす空間として料亭のような雰囲気をご希望。
太陽光発電を導入されるので、外観は発電効率の良いキューブタイプ。
落ち着く空間、同時に開放感も欲しい。
座って畳でご飯を食べたい。通りに面しているので人目が気になる。カーテンは付けたくない。


施工について

TVが不要とおっしゃるS様は、家族の会話や心から落ち着ける空間を大切にしたいという価値観をお持ちの施主様でした。
ご希望のイメージを伺っていくと「料亭のような家」というキーワードが浮かんできましたが、一方で現代風の開放感のあるモダン住宅もお好み。
かつ新居でもご使用予定の家具は現代風の住宅にマッチするものが多く、紆余曲折の末、おもてなし空間と生活空間を切り分けた家づくりを行いました。

ゲストをおもてなしする玄関からリビング・キッチンまでは、畳の廊下で繋がっており、隠れ家風な旅館の趣きを重視しています。 特徴的な土壁は洞窟や地層をイメージしており、部分的に素材の色や濃淡を変え層をつけています。
壁側の照明への覆いは、鉄とワイヤーメッシュで形を作り、和紙と土で成形していますが、部分的に隙間をつくり、光が溢れるようにしています。

趣向を凝らした箱庭は、外へアピールするためではなく、住む人にこそ楽しんでもらうための室内に向けた景観を大切にしています。 リビング・キッチン・お風呂・トイレと、それぞれの窓から覗いた時もっとも美しいビジュアルになるよう、一部の土地は底上げし、その高低差を利用し溜池までの水の流れを造りました。池には小魚もいて四季折々の眺めを楽しめます。

一方ゲストエリア以外の居住空間は、3階バルコニーまでつづくリビング階段が一気に見える開放感のあるモダンな現代住宅風に仕上げました。

建物自体は3階バルコニーの関係で、外から見た際縦のラインが間延びして見えるのを防ぐため、駐車場側の色味と外壁の色味を合わせ違和感を解消しています。また、カーテンの無いすっきりした家づくりと外部からの視線を防ぐために一般ではあまり見られない窓のつくりと配置にしております。
S様は原口想建の家づくりをご信頼くださり、ご希望と必要条件をお伝えくださったあとはすべておまかせくださいましたので、細かな調度品までほぼすべてプロデュースさせていただきました。

会話を楽しむダイニング

食事をしながら会話を楽しむ空間。TVは不要と施主様。

洞窟と地層をイメージした壁

「落ち着く空間」を既存の枠に当てはめず発想し、洞窟暮らしだった太古の住居をイメージした壁

自分たちが愉しむ庭

寛いでいる時、常に眺められる庭。心を癒やす空間です。

gallery

ウッドワン空間デザインコンテスト2017年最優秀賞受賞

◯コンテスト応募のきっかけ

施工が7割方仕上がった段階でコンテストのお話を聞き、尊敬する伊東先生が審査をされるということで応募を検討。施主様からも是非にとおっしゃって頂き、応募を決めました。

◯受賞について

結果として、日本全国359件応募中、堂々1位の評価を頂くことができました。 「落ち着く家」というご希望を、どのように解釈し快適な住空間として実現していくか悩みながら作り上げたので、今回の受賞は大変嬉しく思います。 ご依頼当初は、外観がキューブで決定しており、かつ、料亭の庭と雰囲気をご希望ということでイメージのギャップにかなり戸惑いましたが、 既存の料亭の形にこだわるまい、自分が新しい料亭らしさの概念を作れば良いのだと腹を決めると、イメージが進みました。

◯今後の抱負

これまで、お客様のご要望を細かく拾い上げすべて決定していただくのが良い家づくりなのだと考えていましたが、今回の家づくりでは、そのご希望により大きく深く踏み込み、 お客様のご要望以上の驚きと感動を形にして提案することができました。 すでにあるイメージや商品の枠にとらわれず、お客様と二人三脚でお客様だけのイメージを形にしていくような、他にはない家づくりの方向性を、今後の活動の柱に据えて行ければと考えています。

    woodone空間コンテスト2017受賞レポートページへ