規格住宅の間取りって変えられるの?規格住宅に多い間取りとは?

2022/02/28

デザインや仕様、間取りが一定範囲で決められている規格住宅。では、どのぐらい選択の幅があるのでしょうか?気になる規格住宅の間取りについてお教えします。

規格住宅の間取りは変えられるのか?

規格住宅は一から設計する注文住宅に比べてすでに設計・間取りが決まっている分、価格を抑えることができます。でも、「ここに収納スペースが欲しい」「玄関を少し広くしたい」「ここに窓があればいいのに」といった希望が出てくることもあるでしょう。

基本的に規格住宅の間取りは変えられないといわれていますが、全ての建設会社が間取り変更不可というわけではありません。ある程度決まった中ではありますが、建設会社によっては規格住宅をセミオーダープランとして間取りなど自由にできる場合もあるようです。

規格住宅を建てようとした際に設計士に自分の要望を相談してみたところ、追加料金がかからないよう設計をアレンジしてくれたというケースもあり、住宅会社やプラン、担当者によって対応はさまざま。規格住宅で間取りをアレンジしたい時は、設計士や担当者に相談してみるとよいでしょう。

規格住宅の広さ別間取り例

規格住宅の間取りにはどういったものがあるのでしょうか?規格住宅を販売している各社のプラン内容から、広さ別に間取りの例をまとめました。

30坪以下の規格住宅の間取り

30坪以下で多かった間取りは3LDKや4LDK。平屋のプランも多いようです。

間取り例1…23坪/3階建/南側玄関
  • 間口:4,550㎜×奥行7,735㎜
  • 建築面積:28.46㎡(1階28.46㎡/2階28.15㎡/3階1914㎡)
  • 1階 トイレ 洗面所 ユニットハウス ウオークインクローゼット(2.5帖) 主寝室(6帖)
  • 2階 リビング(14帖)
  • 3階 洋室1(4.5帖) 洋室2(3.5帖)

23坪という面積ながらも、2階をリビングとしてゆとりをもたせた間取りです。

間取り例2…27坪/2階建/北側玄関
  • 間口:6,370㎜×奥行9,555㎜
  • 建築面積:49.68㎡(1階47.20㎡/43.88㎡)
  • 1階 洗面所 トイレ ユニットバス 玄関横に収納スペース LDK(18.75帖)
  • 2階 トイレ 洋室1(6帖)クローゼットあり 洋室2(7.25帖)クローゼットあり 洋室3(6.5帖)クローゼットあり 洋室2、3に隣接してルーフバルコニーあり
  • 収納やバルコニーなど、コンパクトハウスだからこそ空間を有効活用できるプランになっています。

30坪の規格住宅の間取り

30坪の規格住宅は、ファミリー層向けのものが多い傾向にあります。

間取り例3…35坪/3階建/西側玄関
  • 間口:7,280mm×奥行6,825mm
  • 建築面積 40.99㎡(1階38.92㎡/2階38.92㎡/3階38.92㎡
  • 1階 トイレ、ユニットバス 洋室1(6帖) 洋室2(6帖)
  • 2階 トイレ、ユニットバス台所(3.75帖) 居間・食堂(8.75帖) 書斎(2帖)
  • 3階 子供室(10帖) 主寝室(5.25帖) ウォークインクローゼット(2帖)
  • 1階が賃貸となっている3階建ての賃貸併用住宅です。

間取り例4…30坪/2階建/南側玄関
  • 間口:10,010mm×奥行5,915mm
  • 建築面積:53.41㎡(1階53.41㎡/2階45.95㎡)
  • 1階 ユニットバス トイレ 洗面脱衣室 LDK(16.25帖) 和室(5帖)押入れあり
  • 2階 洋室1(8帖) 洋室2(6帖) 洋室3(6帖) ルーフバルコニーあり
  • LDKを広く取り、家族の個室は2階にまとめた間取り。くつろげる和室も取り入れられています。

40坪の規格住宅の間取り

40坪もファミリー層向けのゆとりを持たせた間取りが多く、2世帯向けの間取りもあります。

間取り例5…41坪/2階建/南側玄関
  • 間口:10,010mm×奥行7,280mm
  • 建築面積:72.87㎡(1階67.90㎡/2階67.90㎡)
  • 1階 台所(5帖) 居間・食堂(11帖) 和室(6.75帖) ユニットバス トイレ 洗面所
  • 2階 洋室1(6帖) 洋室2(6帖) 洋室3(6.75帖) 主寝室(6帖) ウォークインクローゼット(3帖) 書斎(2.5帖)
  • ウォークインクローゼットを設置して収納量を確保した間取り。テレワークなどに使える小さな書斎があるのもポイントです。

間取り例5…44坪/2階建/北側玄関/2世帯住宅
  • 間口:9,100mm×奥行8,645mm
  • 建設面積:73.70㎡(1階70.80㎡/2階73.70㎡)
  • 1階 書斎(6帖) 台所(5帖) 居間・食堂(10帖) 和室1(6帖)
  • 2階 納戸(2帖) 台所(5帖) 居間・食堂(10帖) 和室2(7帖)
  • 玄関が2つあり、各階で分けられた完全分離型2世帯住宅です。

50坪以上の規格住宅の間取り

50坪となると、一つ一つの部屋が広く、ゆとりをもった間取りが多くみられます。

間取り例6…50坪/2階建/南側玄関
  • 間口:11,830mm×奥行7,735mm
  • 建築面積:91.50㎡(1階89.02㎡/2階76.59㎡)
  • 1階 納戸(2帖) 台所(5.5帖) 居間・食堂(21.25帖) 和室1(8帖)
  • 2階 納戸(9帖) 納戸(9帖) 主寝室(13.25帖) 和室(8帖) ルーフバルコニー(9帖)
  • 食堂を真ん中に配置し、家族のコミュニケーションを大切にした間取りです。

間取り例7…55坪/2階建/東側玄関/2世帯住宅
  • 間口:14,105mm×奥行き6,825mm
  • 建設面積:91.50㎡(1階89.84㎡/2階91.50㎡)
  • 1階 納戸(3.5帖) 居間・食堂・台所(11.5帖) 和室(8帖) 洋室1(6帖)
  • 2階 台所(5.5帖) 居間・食堂(17帖) 洋室2(6帖) 「蔵」収納(14帖)
  • 和室とリビングがつながった開放感のある間取り。2階にある大容量の収納スペース(蔵)が特徴的です。

注文住宅品質の規格住宅とは

創業当時から注文住宅の制作にこだわり、注力してきた原口想健は、そこに住む家族の生活や人生にあった家を目指すために、住宅はオーダーメイドであるべきという信念をもっていました。

そんな中、お客様から「原口想健が企画した規格住宅はないのか?」「注文住宅にこだわらず、しかし原口想健のコンセプト・施工で建てた家が欲しい」という声を多くいただき、規格住宅「レディ・メイド」が誕生しました。

コストを2割~2.5割抑えられる

規格住宅を求める声が多かった理由として一番に挙げられるのは、コスト削減ができるから。
原口想健の規格住宅「レディ・メイド」は、注文住宅とほぼ同じ素材を使ってコストを2割~2.5割抑えることを可能にしました。
原口想健の注文住宅は一点もののオーダーメイドで、お客様の理想的な家を叶えるために自由にパーツを組み合わられる仕様。自由だからこそ、予算や工数はある程度必要となります。
一方、規格住宅「レディ・メイド」は、ある程度まで完成させたパーツを現場で組み合わせて仕上げるという方式を取っているため、効率よく、コストを抑えた住まいを建てることができるのです。

注文住宅と同等の高い品質

規格住宅だからといって品質が注文住宅より劣るといったことはありません。原口想健の規格住宅「レディ・メイド」は、高い水準を満たすプランとなっています。

オーダーメイドの注文住宅は、何度もお客様や業者の方々と打合せを行いながら理想の家が出来上がります。その過程でお客様のたくさんの要望と向き合ってきた原口想健だからこそ、家を建てたいと考えるお客様の好まれるデザイン、求められる性能、品質の傾向とそれに対する適切なプランニングが可能。

「レディ・メイド」は、お客様との苦労や試行錯誤を経て積み重ねたノウハウが詰まった家といえます。

では、規格住宅と注文住宅どちらがいいの?

原口創建なら、注文住宅と比べても同程度の品質で、且つコストを抑えた規格住宅の家を建てられます。ですが、注文住宅がより自由度が高いことも事実。自分はどちらが合っているのか分からない、決められない、迷っている…という方は、まずは弊社がご提供している「YesNo-Chart診断テスト」を受けてみてはいかがでしょうか。

「YesNo-Chart診断テスト」は、簡単な質問に答えていくだけで注文住宅・規格住宅どちらが合うか診断することが可能。自分に合った住まいを知るきっかけとして、お気軽に試してみてください。

無料相談会実施中

毎週土曜日に無料相談会を実施しています。
(要予約)

お気軽にお問い合わせください

無料相談を予約する