ローコストな規格住宅でも耐久性に不安がない理由とは?

2022/09/26

規格住宅とは

住宅の購入を検討されている方の中には、規格住宅がどんな住宅を指しているのか、具体的にイメージを持てないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

規格住宅とは、ハウスメーカーや工務店があらかじめ用意している選択肢の中から、好みに合わせて間取りや外観、内装などを組み合わせて建てる住宅のこと。注文住宅よりコスパが良く、簡単に高性能な家が建てられるということで、注目を集めています。

規格住宅とローコスト住宅は同じもの?

住宅について調べていると、いろいろなタイプの住宅があって混乱するかもしれません。規格住宅とローコスト住宅についても、同じものなのか別のものなのかが分かりにくくなってしまっています。

ローコスト住宅とは、注文住宅に比べるとコストを抑えて購入できる住宅のこと。つまり、費用を抑えて建てられている規格住宅もローコスト住宅に含まれます。ただし、規格住宅が費用を抑えられるのは、広告費や人件費を削る、同じ建材を多く発注することで安価に抑える、といったハウスメーカーや工務店の企業努力によるもの。単純に使う素材や品質を下げてコストを安くしているわけではありません。

規格住宅はローコスト住宅の一種ではありますが、まったく同じものというわけではないのです。

ローコスト住宅は安かろう悪かろう?

ローコスト住宅は耐久年数が短い、というイメージを持っている方が多いのはなぜでしょうか。

ローコスト住宅の特徴として、注文住宅に比べるとイニシャルコスト(初期費用)が安くなる傾向が挙げられます。イニシャルコストとは住宅を建てるためにかかる3大コストの1つで、他にランニングコスト(維持費)とライフサイクルコスト(大型メンテナンス費)がありますが、一般的にイニシャルコストが安いとランニングコストが高くなる傾向にあり、イニシャルコストを削った部分から劣化が進むと言われています。

また、「コストがかからない」と聞くと、安い建材を使っているのではないか、手抜き工事をしているのではないか、というイメージを抱く方も少なからず存在します。それに加え、過去にとあるローコスト住宅メーカーによる欠陥住宅問題がニュースになったことも大きく関係しています。

ローコスト住宅メーカーがコストを下げようと必要以上に人員削減を行ったため複数の欠陥住宅を出してしまったこの問題は、過度な人員削減が原因であって、資材や建材の質とは関係がありません。しかし、ニュースを聞いた人の中には「ローコスト住宅は耐久年数が短い、性能が低い」というイメージが残ってしまったのです。

規格住宅で叶えられる耐久性とは

家づくりは費用がかかるため、コスパが良いという点に魅力を感じる方は多いはず。一方で、コスパが良いということは耐久性が落ちるのではないか、という不安を感じる方も少なくないでしょう。

規格住宅のコスパが良いのは、必ずしも安価な建築材を使っていたり工法をグレードダウンしたりしているからではありません。高品質な建築材を安く導入するといった企業努力の結果、注文住宅よりコストを抑えながら性能の高さを保つことを可能としている規格住宅も存在します。また、規格住宅はある程度間取りが決まっているため、あらかじめ耐久性を維持するために必要な壁や柱を配置した設計を組める、というのもコスパ良く耐久性を担保している理由のひとつです。

耐久性のひとつに「耐震性」がありますが、建築基準法では住宅の耐震性を表す指針として「耐震等級」というものが定められています。耐震等級は1から3まであり、耐震等級1は震度6強~7の地震でも倒壊しないとされていて、耐震等級2は耐震等級1の1.25倍の耐震性があることを表します。最近の住宅は耐震等級2を満たすものが多く、規格住宅も例外ではありません。

ちなみに耐震等級3とは、震度6強~7の地震でも損傷を受けない、または軽い損傷のみで補修をすれば住み続けられることを表しており、警察署や消防署といった災害時に拠点となる建物が当てはまります。

さらに高い耐久性基準を満たす規格住宅も

長く住む上で安心な家づくりをしたい、という方は、規格住宅のオプションを利用する方法もあります。オプションの内容はハウスメーカーや工務店によりますが、外壁材や塗装を変更することで、さらに耐久性や断熱性を上げることができます。

また、規格住宅の中にはあらかじめバランス良く耐力壁が配置された間取りなどで性能の高さを売りにしているものもあります。コスパの良さよりも性能に重きを置いていて、断熱性能や気密性能を高めた設計が売りになっています。コスパ重視の規格住宅に比べると値段は多少上がりますが、より安心感がほしいという方は「性能重視の規格住宅」を検討してみてはいかがでしょうか。

さらに、規格住宅でも「長期優良住宅」の基準を満たすものもあります。「長期優良住宅」は「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅」だと国の基準で認められている住宅のこと。劣化対策・耐震性・維持管理や更新の容易性・省エネルギー性・居住環境・住戸面積・維持保全計画という認定基準があり、全ての基準を満たさないと認定されない、高い性能と耐久性を持つ住宅です。

例えば耐震性の場合、長期優良住宅の認定基準は「耐震等級2、または耐震等級1かつ安全限界時の層間変形を1/100(木造の場合1/40)以下、または品確法に定める免震建築物」と細かく定められています。省エネルギー性では「断熱等性能等級4」を満たすことが基準とされており、断熱性を高めることで冷暖房負荷を軽減し、同時に結露を防止することで住宅の劣化を防ぐ効果も期待できます。

これまで建築前に申請して認定を受ける仕組みになっていたのが2022年10月には事後的に認定を受けられるようになるなど、長期優良住宅に認定される機会が広がる予定です。

加えて、長期優良住宅と「住宅性能表示制度(住宅の性能に関する共通基準で、申請することで住宅ローンの金利優遇や地震保険料の割引が受けられる)」の一体申請が可能になったり、住宅性能表示制度の「さらなる上位等級断熱等性能等級6・7(戸建住宅)」が新たに増えたり、「省エネ等級の必須化(断熱等性能等級、一次エネルギー消費量等級)」という基準が施工されたりと、住宅性能に関する制度や基準はますます進化していきます。より安心な家づくりをしたいという方にとって、参考にできる基準となるでしょう。

ローコストで長く住める規格住宅を選ぶには

注文住宅は高くて手が出ない、という方にとって、ローコストな規格住宅は非常に魅力的。ローコストでも性能が高い規格住宅を選べば安心して長く住むことができますし、性能面で不安な点があってもオプションをつけることで補えます。

そのほか、規格住宅を選ぶ際には次のような点に気をつけてみましょう。

  • 建材や工法、耐震性など
  • 断熱性・換気性能
  • シンプルなデザイン・設計

住宅の耐震性を上げるには、どんな建材や工法を用いるのか・どんな間取りにするかが重要。必要な場所に必要な壁や柱があるかどうかで耐久性は大きく変わってきます。

規格住宅はプロが設計しているので、基本的に間取りに大きな問題が起こるようなことはありません。ただし、コストを抑えようと規格されている建材や工法をグレードダウンしすぎれば当然耐久性も低くなってしまいますから、必要最低限の耐久性を損なわないよう注意しましょう。

また、建物の断熱性・換気性能は住宅の劣化に関わってきます。湿気やカビは建材を歪めたり傷めたりする原因になるため、住宅の耐久年数を短くする原因になるのです。

同様に、住宅の耐久年数にはデザイン・設計のシンプルさが関わってきます。耐久年数を延ばすにはこまめなメンテナンスが不可欠ですが、シンプルなデザインにしておくことでメンテナンスがしやすくなり、メンテナンス費用も抑えられるのです。

オーダーメイド住宅並みの性能を持つ規格住宅とは?

ローコストな規格住宅であっても、耐久年数が長く高い耐震性を兼ね備えた住宅を造ることは可能であるということを解説してきました。

高耐久・高性能な住宅にとことんこだわるのであれば、建材や工法、間取りなどを細かくカスタマイズできるフルオーダーの注文住宅が最適です。プロと相談しながら、耐震性・気密性・間取りと細部までこだわった理想通りの家づくりを実現できますが、その分、フルオーダーの注文住宅は規格住宅に比べて費用がかかります。予算を考えると、フルオーダーの注文住宅は難しいと諦めざるを得ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

福岡県の工務店・原口想建の規格住宅は、品質の高さにはこだわりつつ余分な工数や予算をカットすることで、コストを抑えることに成功。規格住宅ではありますが、注文住宅と同等の品質で家づくりをすることが可能です。住宅の各種性能値は注文住宅と同等ですし、断熱性・気密性の高さは業界標準を上回っています。

これまでの実績を元に設計された規格住宅ですから、コストを抑えつつ、理想の品質で家づくり叶えることができると自負しています。

耐久性や費用などで注文住宅と規格住宅どちらにすべきか迷っている方は、まずはチャートを使って診断してみるところから始めてみるのはいかがでしょうか。一生に一度とも言える大きな買い物ですから、少しでも後悔がないよう十分検討してみてください。

無料相談会実施中

毎週土曜日に無料相談会を実施しています。
(要予約)

お気軽にお問い合わせください

無料相談を予約する