規格住宅の一般的な相場価格はどのくらいなの?

2022/07/25

規格住宅とはどんな家?

規格住宅とは、注文住宅の種類の一つです。注文住宅は、大きく分けて、フルオーダー、セミオーダー、規格住宅の3種類があります。

フルオーダーは、家の間取りや内装・外装など、ほとんどすべてを自分で自由に設計できる家のこと。注文住宅の中で一番高額になりますが、自分の希望通りの家を建てることができます。

セミオーダーは、ハウスメーカーや工務店が用意したプランをベースとして、限られた範囲でカスタマイズできる家のことです。すべてを自分で設計する必要がないため、フルオーダーより出来上がりがイメージしやすく、安く建てることができます。

規格住宅とは、間取りや内装・外装などが、複数パターンあらかじめ用意されている家のことをいいます。セミオーダーほどカスタマイズできないものの、建売住宅のように出来上がった住宅を購入するのとも違います。間取りや外観、内装や設備といった条件を、一定の規格の中から選んで、自由に組み合わせていく方法です。

また規格住宅と建売住宅の違いとして、土地を用意する必要があるかという点が異なります。注文住宅の一種である規格住宅の場合、家とは別に土地を用意する必要がありますが、建売住宅は、すでに完成した住宅を土地付きで購入するため、土地の用意は不要です。しかし規格住宅よりさらに自由度が下がります。

規格住宅のメリット・デメリットは?

規格住宅の大きなメリットは、注文住宅の中で一番安価であること。フルオーダー・セミオーダーより設計の自由度は低いものの、費用を抑えながら、注文住宅の魅力であるカスタマイズが一定の範囲で可能です。

また、フルオーダー・セミオーダーより工期が短いというメリットもあります。使う材料があらかじめ決まっているため、新たに材料を調達する手間や時間がかかりません。間取りなどもパターン化されているので、設計にかかる時間も省略できます。

一方、デメリットは先述した通り、設計の自由度があまり無いという点。また、土地の形状によってはプランに当てはめられず、規格住宅を建てることができない場合もあります。

注文住宅を検討するなら、どんな土地に建てたいのかを相談した上で、オーダーにするのか、規格にするのかを決めると良いでしょう。

規格住宅の相場価格とは?

規格住宅の相場は、フルオーダーやセミオーダーの家と比べると安価であることがほとんど。自由度が高いほど高価になり、フルオーダーが一番高く、次いでセミオーダー・規格住宅の順となります。地域によって違いがありますが、フルオーダーの坪単価より規格住宅の坪単価は30万円くらい安くなっています。

価格が安くなる主な理由は、規格住宅は設計がパターン化されているため、材料をまとめて仕入れることが可能となり、コストを削減できるから。例えば、注文住宅の建築費が3,532.5万円で住宅面積が124.4m²の場合、フルオーダーの坪単価は93万円ほどですが、同条件の規格住宅の場合は坪単価63万円前後となります。

住宅面積は、1m²=0.3025坪なので、建設費÷住宅面積÷0.3025 といった計算で坪単価を出すことが可能です。

規格住宅と注文住宅の相場の違い

規格住宅と注文住宅では坪単価に違いがあります。フルオーダーは、家づくりに必要な材料費や建築費が高額になる場合が多いため、坪単価も高くなる傾向にあります。それに対し、規格住宅は規格化により使う材料が決まっており、建築費用を安く抑えることができるため、フルオーダーより坪単価が安価になります。セミオーダーは、フルオーダーと規格住宅の中間位の坪単価になることがほとんどです。

全国及び各地域での注文住宅の坪単価は以下の通りです。

  • 全国平均 93万円
  • 首都圏平均 101万円
  • 近畿圏平均 97万円
  • 東海圏平均 94万円
  • その他の地域平均 89万円

※参照:住宅金融支援機構「2020年度 フラット35利用者調査」(https://www.jhf.go.jp/files/400357456.pdf)

規格住宅だけでみた場合、坪単価の平均額は大体40万~60万円。オーダーメイドの注文住宅よりも、規格住宅のほうが30万~50万円ほどローコストになります。

※参照:HOME4U家づくりのとびら(2021年12月時点)(https://house.home4u.jp/contents/maker-9-3887)

※参照:リフォらん(2021年11月時点)(https://refolean.com/規格住宅の相場!坪単価や費用の価格・値段は?/)

規格住宅と建売住宅の相場の違い

建売住宅(分譲住宅)の坪単価は以下の通りです。

  • 全国平均 114万円
  • 首都圏平均 133万円
  • 近畿圏平均 110万円
  • 東海圏平均 94万円
  • その他の地域平均 88万円

※参照:住宅金融支援機構「2020年度 フラット35利用者調査」(https://www.jhf.go.jp/files/400357456.pdf)

坪単価平均40万~60万円の規格住宅に比べて高く見えますが、建売住宅の場合は土地代込みの坪単価で上記価格となっています。注文住宅は土地代がさらにかかることを考えると、建売住宅のほうがローコストであることがわかります。

規格住宅の費用の内訳

規格住宅にかかる費用の内訳要素としては、以下の4つがあります。

  • 本体価格
  • 工事費
  • 諸費用
  • 坪単価

それぞれの相場について、以下で詳しく解説していきます。

「本体価格」の相場

本体価格とは、土地条件などは考慮しない、純粋な「家自体」の値段のことです。

オーダーと規格住宅で一番差がつくのが本体価格。費用の変動要素となる土地条件やオーダー内容を取り除くことで、本体価格はどこで家を建てても同じ価格になるため、施主となる方が目安にできる価格となります。

規格住宅の本体価格の相場は、地域によって違いはあるものの、1000万円台が主流。例えば、坪単価が40万円で延床面積が30坪の場合、本体価格は1200万円となります。

「工事費」の相場

工事費とは、家本体を建てるための本体工事費(本体価格)+付帯工事費のことをいいます。

本体価格に対して、付帯工事費は約2割、諸費用の約1割が目安となり、例えば本体価格が1200万円の場合、付帯工事費は約240万円です。

「諸費用」の相場

本体価格に対して約1割が目安となる諸費用ですが、諸費用には、登録免許税・印紙税・不動産取得税などの税金のほかに、ローン関連費用、火災保険料などがあります。

諸費用は住宅ローンではまかなえないため、現金で用意しておく必要があります。

知っておきたい「坪単価」の定義

坪単価の計算に「施工面積」「延床面積」のどちらを使うかで、坪単価が変わってきます。

延床面積とは、建築基準法に基づき、建物各階の床面積を合計した面積のこと。延床面積は、床のない吹き抜け部分やバルコニーの先端から2mまでの部分は含まない、といった基準があります。

一方の施工面積は、実際に施工をした面積となり、特に決まった基準がありません。延床面積では含まれなかった部分も含めて算出されることが多く、延床面積よりも広くなることが大半。そのため、施工面積で出す坪単価は延床面積で出す坪単価より安くなる傾向があります。

坪単価の計算にどちらを使うかはメーカー次第なので、どちらで出しているのか注意しましょう。

相場以上の価値アリ!な規格住宅とは?

メリットが多い規格住宅ですが、その中でもさらに多くの希望を叶える「オーダーメイド品質の規格住宅」があることをご存じでしょうか?原口想建の「レディ・メイド」は、オーダーメイドの品質を受け継いだ規格住宅。創業当時からオーダーメイドに力を入れてきた原口想建ですが、その設計力やノウハウを活かした規格住宅を望む声が多く寄せられたことから、これまで手掛けた注文住宅のコンセプト・性能を元にした規格住宅の家・レディ・メイドが誕生しました。完全注文住宅と同じものを作っても、規格住宅であればコストが2割~2.5割も抑えられます。

なぜ、コストが抑えられるのか?それは、規格に沿ってある程度まで完成している資材を組み合わせて仕上げていくからこそ、0から始めるよりはるかに効率が良いからです。規格住宅だからといって、オーダーメイドと比べて品質が下がる、ということもありません。逆にオーダーメイドのように個人の事情に合わせなくていいからこそ、より高い水準を満たせるように規格化できるのです。

今までたくさんの注文住宅を建て、お客様のご要望に向き合ってきたからこそ、求められる性能・品質、そして好まれるデザインの傾向を集約した家づくりを実現。余分な工数と予算をカットすることにこだわり、コストを抑えつつ高品質の規格住宅を展開しています。「自分の理想の家をつくるためにはオーダーメイドがよいのでは」「規格住宅でも満足できる家を建てられるかもしれない」など、理想の住まいを求める方の迷いや悩みはつきないもの。

フルオーダー・セミオーダーなど自由度の高い注文住宅と、一定の範囲でカスタマイズできる規格住宅には、それぞれに魅力的な部分があり、どちらを選べばよいか迷われる方も多いでしょう。そんな方のために、簡単な質問に答えていくだけで注文住宅と規格住宅のどちらで家を建てるのが向いているか診断できる、YesNo-Chartをご用意しました。1分程度で楽に診断できますので、ぜひお試しください。

無料相談会実施中

毎週土曜日に無料相談会を実施しています。
(要予約)

お気軽にお問い合わせください

無料相談を予約する