大岩を活かした庭園風佇まいと、多彩な個性を発揮する室内装飾の家原口想建

施工内容


ご購入された土地には大きな岩が沢山埋まっており、通常なら費用をかけて処分をしなければ ならないところを、箱庭風なアレンジに使用し、インパクトのあるアプローチに仕上げました。 岩からのインスピレーションをイメージに落とし込み、信頼のおける造園業者さんと協業しながら形にしていきました。 各部屋それぞれにご家族のお好みとご要望があり、細部に諸々のこだわりを盛り込んでいます。(詳細はページ下部です)

本来処分費がかかる岩石を個性に転換

遠目にもかなり映える岩石を盛った庭園風アプローチ。この土地に元からあった岩石を活かして造園しています。

シンプルモダンなリビングルーム

通常より幅広なリビング階段。お子様が遊べる畳スペースを備えた吹き抜けリビングと、使い勝手の良いオリジナル創作キッチン棚を備えています。

玄関からのルートは2つ。家族用と来客用。

家族が通常使用する玄関の手前に、お客様専用の、和室客間に直通する小路のような廊下を設えました。入り口の格子扉も京都のアンティーク。間の白い引き戸はシューズクロークです。

gallery


リビング空間は広い吹き抜けになっています。リビング階段は施主様のご要望で通常よりどっしりと幅広くなっています。キッチン上の照明は奥様のお母様の手作りです。非常に凝ったつくりで、他の部屋にもいくつか使わせていただいています。キッチン隣にはフラットな畳ルームがあります。お子様がおもちゃを広げて遊べるスペースです。キッチン裏の棚は造作家具になります。 奥様のご希望で白が際立つ玄関天井には、波打つようなデザインウォールを利用しています。 使いやすいシューズクロークがある一方、客間に繋がる来客用の小路はあえて狭く、低めに設計し非日常的な空気感を演出しています。アーチ型の天井には中をくり抜き照明を通した木材を走らせ、たどり着いた先の扉は京都のアンティークを購入して取り付けました。 こうした建具をどうやって見つけてくるのかと言いますと、イメージに合うものをひたすらネットや足で探して、見つけたら購入できるか交渉しています。 一方で客間にアクセントとして置いてあるランタンは、奥様のお母様の手作りです。 2階に設えた落ち着いたトーンのお部屋は旦那様の書斎です。人には見せない部屋だからと、楽しんで冒険されており個性的な壁紙が目を引きます。 寝室にはサイザル床を使用しています。こちらは奥様のリクエストで、固く編み込んだ感じの畳っぽい床になります。 子供部屋は2つ。左右対称風のつくりにしています。

朝倉 甘木のリフォーム住宅

施主様のご希望・条件

再リフォームで広いLDKを


こちらのお住まいは元々購入時に他社でリフォームされ、しばらく住まわれていたものの希望通りではなかったとのことで、改めて原口想建に再リフォームをご依頼いただきました。 ページ下に記載しているリフォーム前のお写真を見て頂くとわかるとおり、一通り綺麗に整えられているのですが、それでも意に沿わない住宅というのはストレスになるものです。
ご不満をご満足にするのはもちろん、それ以上の感動を引き出すために張り切って設計いたしました。

大きな特徴は2階にあった5部屋をすべてまとめて、なにもかも取り払って大きなワンフロアのリビング・キッチンダイニングをお作りしました。窓も大きく取り、景観を十分に活かし楽しめようになりました。その分1階を、ゲストルームも含めた5部屋に仕切っています。

壁を飾る圧巻のダンサー写真

こちらは施主様のご指定のお写真を引き伸ばし壁そのものに貼りました。実物はさらに迫力があり、たまらなく目を引きます。

1階のエステルーム

元々はゲストルームとしてお作りしたのですが、昨今の事情もあり、現在お客様をお迎えしてのエステルームとしてご活用されています。 (写真は準備途中のもの)

白を基調としたデザインで統一

1階、2階とも施主様お好みの白を基調としたテイストにまとめました。ページ下の施工前のお写真と比べてみてください。

gallery

原口想建でのリフォーム前

施主様のご希望・条件

自宅カフェのオープンまで見据えた2世帯住宅
もともとはリノベーションによる2世帯住宅のご相談にいらした施主様ご夫婦。お話を伺う中で自由度の高い新築として建てることになりました。2世帯のコンセプトはスペースの共有ではなく分離を主体としています。つながっているのは左右別々に独立して設けた玄関をつなぐわずかな部分のみ。 広さは違えど、親世帯・子世帯共にそれぞれ独立した3LDKを持つ設計です。

施主様世帯のリビングキッチン

オーダーメイドのキッチンと吹き抜けリビング、畳の小上がり。2世帯住居でも明るくゆったりとした空間づくり。

カフェスペース予定のインナーテラス

玄関から続く内土間と5畳のインナーテラス。将来はここでちょっとした自宅カフェを開くご予定。

オーナー様だけが知る特別な景色

注文自由宅だからできる、施主様のご希望を叶えた「寝転んで外の景色を眺められる」中二階ロフトスペース。

gallery


将来的には玄関の共有部分を塞ぎ、完全に独立した住居として賃貸できるよう作っています。 建物自体は55坪。2世帯住宅をとなると諸々をコンパクトに作リたくなるところですが、空間にゆとりを持たせられるように工夫しています。空間、とくに高さを広く取り、施主様世帯側には吹き抜けリビングや中二階のスペースも設けています。

お打ち合わせを行っていくうちに、施主様ご夫婦には将来自宅でもコーヒーをお出しできるようなカフェを営むご計画があるということで、玄関とリビングキッチンからの導線を踏まえた位置に、5畳の広さを持つインナーテラスをしつらえました。玄関から続く内土間を通って、そのままテラスにでられる作りです。一部屋程分の広さを持つテラスは格子で囲っているので通りからの視線を感じず、くつろぎやすい仕組みです。玄関から続く内土間も含め、多目的に利用できます。

キッチンや洗面台などはご要望に合わせ、造作家具としてお作りしています。イメージがあればどこまでも自由にオーダーメイドできるのが原口想建の完全自由宅の良いところです。キッチンカウンターは動線と使い勝手のよいコの字型が奥様のご希望。ご指定のIHや作り付けの棚のリクエストなどを組み込み仕上げています。広めの天板が魅力です。奥には1畳ほどのパントリーがあり、ちょっとした書物などできる机もお作りしています。

窓の高さは、光を取り込みつつ通りに面した外からは覗き込めない絶妙な位置にあります。こちらは現場で施主様とお打ち合わせしながら、ライブで決めていきました。キッチンのシンク前にも小窓を一つ。こちらは奥様からのリクエスト。光と外からの景色でヌケ感が増し、ちょうど来客や家族の帰宅が見える位置でもあるのです。

さらに私達だけでは気づかなかったのが、この土地の景観の魅力です。今回の建て直しの前からこの土地にお住まいの施主様から、とっときの景色を教えて頂きました。施主様お気に入りのその眺めを、原口想建が再プロデュース。施主様のご希望を伺いながら、中二階に、寝転んで景色を眺められるロフトスペースを設えました。

佐賀市伊勢町 オーバースライダー付きガレージの和モダン住宅

施主様のご希望・条件

年月を経ても住人に馴染む、飽きのこない家


200坪あまりのスペースに新築住宅をご希望された施主様。広い土地をどのように活かすかを煮詰めていきました。水質の良い井戸があったため、夏場でも水遊びができるよう 井戸を囲むような形で住居を設計。車3台とバイクが余裕で停められる広いガレージも設けました。水害被害が間近に迫る危険性のある地域でしたので、家自体は通常より60センチほど 高く仕上げています。また敷地内に高台をつくり、車を一時避難させるためのスペースを用意しました。こうした外観のお写真は随時追加していく予定です。

凛とした美しさあふれる設計

リビングは、客間であると同時に日常のくつろぎの場でもあります。そのバランスを両立させる計算されたデザインで、多様なシーンに対応できる、ゆらぎのある心地よさを産み出します

家の個性を彩る壁のあしらい

彫りつけたような壁面は、WOODONE社製品のデザインウォール「鼓」
名前の縁起の良さで事業繁栄の験担ぎも兼ねています。

ゆとりある玄関ホーム

ガレージからもアクセスが良いよう設計した広めの玄関ホールで、一時にたくさんのお客様がいらしても対応できます。

gallery

太宰府市吉松の美味しいレストラン

施主様のご希望・条件

心身に優しくファミリー向けコンセプトに合う店舗設計


「マメに真面目にひたむきに」をモットーにご夫婦で経営するファミリー向けレストラン。「マメロッシュ Takata」様。子育て中のお父さん・お母さんにファミリーで気兼ねなく利用してもらえる店づくりをしています。 外観は板張り風、内装の建材はクロスでなく身体に害の無い福岡県内でとれる珪藻土を使用しています。内装を華美にはせず、室内の空気循環やくつろぎやすさ・居心地の良さを重視しました。 食事エリアと併せ、キッズスペース兼ヨガスペースも設置。完全個室の授乳室もございます。

ベビーカーに優しいスロープ

ベビーカーからお子様を降ろさず、そのまま店舗に入れるゆったりしたスロープ。お休み中のお子様も起こさず入店できます。

鮮度のよい食材や商品が並ぶショップスペース

食事と共に人気のショップスペース。厳選した新鮮な食材や、おすすめの商品を手軽に販売できます。

オーナーの為のキッズスペース

お客様用キッズスペースとは別に、厨房の奥に家族(キッズ)スペースを設けています。いつでも厨房からお子様の様子を見守れます。

gallery

筑前町の林道に囲まれた住まい

施主様のご希望・条件

子供の頃から親しんでいる木々に囲まれた土地を活かしたいとのご相談に応え、雑林を伐採・整地し、しげみを開拓して長くくねった林道の奥に木の家を建てました。
帰宅時は気持ちをリセットしたいとのことで、あえて家から少し離れた場所に駐車場を構え玄関までのアプローチを長く整備しました。
住宅構造はWOODONEのワンズキューボをアレンジして。予算や敷地の土地条件とのマッチングが良かったことと、優れた耐震構造が決め手になりました。


奥様の生花の腕が映える、魅せる玄関

子供の頃から親しんだ土地を整備し、思い出を残しながら見栄えと管理しやすい林道の小路へ整備。家に帰るまでのアプローチで気持ちをリセットできます。

広いリビングスペースと景観の良い窓

木の香りあふれるリビングスペースは両面に長めの良い窓があり、四季の景観を窓から楽しめます。

2階の収納スペース

ワンズキューボのボックス配置設計で、収納スペースもしっかり確保。床面まで広げた窓が、開放感と眺めの良さをグレードアップ。

gallery

土壁と石場建ての和モダンな外観

施主様のご希望・条件

古いもの歴史のあるものは好きだが、よくある「いかにもアンティーク風」な安っぽさは好きではない。
あまり仕切られていない、空間を広く使う間作りをご希望
玄関土間ではお子様のお友達が皆でくつろいで話せるような「室内と外との中間」としての機能を持たせたい。


奥様の生花の腕が映える、魅せる玄関

料亭のような趣のある玄関土間。お子様のお友達が座ってくつろげるオープンスペース。

木材の表情とこだわりの土壁のリビング

リビングテーブルは大木から切り出した一点ものの造作家具

シンプルな機能性をもつリビング

背面のオープンシェルフもオリジナルで創作。ニュアンスのある黒壁は調度品を引き立てます。

gallery

ウッドワン空間デザインコンテスト【2年連続受賞】

◯コンテストへの想い

昨年は最優秀賞を頂いた「ウッドワン空間デザインコンテスト」。続けての出場ということでハードルの高さは当然ありました。
原口想建では、現在、熊本地震の被害から注目されている「石場建て」という耐震効果の高い建築工法の普及に力を入れております。
石場建てはお寺などに多く使用されている、昔ながらの日本家屋の建て方です。
耐震や家のメンテナンスに関してとても良い利点が沢山あるのですが、どうしても外見はガチガチの日本家屋のイメージに仕上がるケースが多く見られます。
原口想建では、「石場建てでも古臭くない、これから先何十年も住まう家としてずっと住心地の良い住まいのデザイン」をどんどん提案して、 新しいカタチの石場建てスタイルを確立していきたいと考えています。
今回のコンテストには、そうした熱い想いを持って取り組ませて頂きました。

◯受賞について

昨年に引き続き、優秀賞を頂くことができました。
「新築にも関わらず非常に重厚感のあるどっしりとした、非常に個性豊かな家」との講評も頂き、大変な苦労をしながら仕上げた経緯もある分、施主様とスタッフ一同と共に大変うれしく誇らしく想います。

◯今後の抱負

まだまだメジャーではない【石場建て】という建築工法の素晴らしさを世に広めていきたいという熱い想いに理解を示してくださった施主様に感謝すると共に、
連続受賞という快挙をしっかりと受け止め、よりいっそう「原口想建の家づくり」というものを確立していきたいと思います。

    woodone空間コンテスト2018受賞レポートページへ

施工について

こだわりのある施主様ご夫婦が求めるイメージは、和風・洋風・ログハウス風など市場にあふれる既存のテイストではカバーできない深さがありました。
見本になりそうなサンプルを探しても見つからず、何度もヒアリングを重ね、イメージの欠片をあつめて新しく作り出す、そうした作業のもとデザインを決めていきました。

建築にあたっての工法を決めたのは、熊本地震の後でした。
地震に強い家というテーマに、施主様と共に改めて向き合った際、熊本地震で倒壊しなかった家屋の中に「石場建ての家」が多くあったことから採用となりました。

一見すると雰囲気の良い喫茶所のような印象の玄関は、ご近所の方にお店と間違われ開店を待たれてしまったほど。大きな開き戸は木製の造作扉で、開放感とインパクトに満ちています。
花屋にお勤めの奥様のセンスを存分に生かして頂けるよう、鉢物を置いたとき映える空間づくりを心がけました。

一方で、お二人のお子様のお友達が、気軽に集まって座って話せるオープンスペースとしての役割も持たせています。思わず立ち寄りたくなるような温かみがある玄関土間です。
オープン型のシューズクロークは家の雰囲気に合わせた造作です。

玄関の表情を整えている白壁は、だいぶ色を悩みました。最初グレーを塗ってみたのですが違和感があり中止。白に変更することが決定したものの、天井や床材と喧嘩しない「具合の良い白」に仕上げるべく、試行錯誤を重ねました。

外観の壁はすべて土です。綺麗すぎない趣きを残した荒壁仕上げとしました。
防水は大丈夫なの?と心配を頂くこともあるのですが、雨がよく掛かるところには防水材を少し混ぜる等、要所に必要な対策をしますので大丈夫です。今回も、左官さんにサンプルを作ってもらい、実際に雨に晒して防水性などをチェック頂き、施主様に納得いただいてから採用しております。

土壁は経年とともに起こるひび割れなども味になります。土ですから種が飛んでくると発芽します。100年ほど経つと、緑に覆われたジブリの家のようになると思います。
土壁は究極、剥がれてしまったらまた盛り直せばよいのでメンテナンスが楽という利点があります。板壁だと業者の手が必要ですが、土壁ならば落ちた土を戻せばよいだけ。
左官としての道を歩み始めたご主人が手厚くメンテをされるご予定です。

こちらのお住まいを建設するタイミングで、施主様であるご主人は大手メーカーを退職され左官職人として新たな人生に踏み出されました。
それだけに家づくりにかける情熱も熱く深く、退職前も日中の会社勤めを終えられた後に、深夜まで壁塗りをご自身の手で行われていました。

メインルームとなるリビングキッチンは、少し薄暗い落ち着く雰囲気の空間に仕上げました。
大きな梁や柱と調和する土壁は、グレーに茶色を混ぜた穏やかなカフェオレ色です。ベースが暗めな分、高窓から朝日が差し込むと部屋全体が非常に美しい表情を見せてくれます。

キッチンの天井は土佐の黒漆喰を使用しています。こちらはコテではなく手で磨いて仕上げる独特の素材です。普通は手の届く範囲に使用するものですが、黒が欲しかったのであえて天井に。
左官さんとご主人も含め、スタッフ総出で頑張りました。

屋根も床材も、高千穂の松の木を切ってもらって施行しています。 ノコの目が見えるようにした、昔ながらの製材方法です。

六角形のモザイク仕上げが特徴的な腰壁は、原口想建オリジナル。丸太をランダムな厚みに輪切りにし、型にあわせて整形。厚みのリズムを考えながら一枚一枚貼り付けています。

キッチン横の大木のような木の壁は、杉の木の皮を貼っています。家の中に木があるように見立てているので、上には大きな枝ぶりを。
この木はご近所の梅の木をゆずってもらい、植木屋さんに切ってもらいました。

市販ではちょっと見かけないほどインパクトのある机と椅子は大工さんの造作です。
テーブルは一本の木材から加工しています。椅子はご近所の解体される家の梁を頂き、スライスして制作しました。

キッチンはWOODONEさんのシリーズです。木目のテイストが周りから浮かず、どっしりとした存在感を見せてくれています。
後ろの棚は造作で、あまり見た目をごちゃごちゃさせたくないという施主様のご要望にあわせ、背の低い仕上がりにしております。

なかなかに特徴的な内装の仕上がりとなりましたので、ポイントとなる家具のセレクトも原口想建にお任せ頂きました。
キッチン上の照明は鹿の角のオブジェを組んで作ってあります。市販品ですが雰囲気にマッチしていますね。

      

3階バルコニーのあるグレーの外観

施主様のご希望・条件

ゲストをもてなす空間として料亭のような雰囲気をご希望。
太陽光発電を導入されるので、外観は発電効率の良いキューブタイプ。
落ち着く空間、同時に開放感も欲しい。
座って畳でご飯を食べたい。通りに面しているので人目が気になる。カーテンは付けたくない。


施工について

TVが不要とおっしゃるS様は、家族の会話や心から落ち着ける空間を大切にしたいという価値観をお持ちの施主様でした。
ご希望のイメージを伺っていくと「料亭のような家」というキーワードが浮かんできましたが、一方で現代風の開放感のあるモダン住宅もお好み。
かつ新居でもご使用予定の家具は現代風の住宅にマッチするものが多く、紆余曲折の末、おもてなし空間と生活空間を切り分けた家づくりを行いました。

ゲストをおもてなしする玄関からリビング・キッチンまでは、畳の廊下で繋がっており、隠れ家風な旅館の趣きを重視しています。 特徴的な土壁は洞窟や地層をイメージしており、部分的に素材の色や濃淡を変え層をつけています。
壁側の照明への覆いは、鉄とワイヤーメッシュで形を作り、和紙と土で成形していますが、部分的に隙間をつくり、光が溢れるようにしています。

趣向を凝らした箱庭は、外へアピールするためではなく、住む人にこそ楽しんでもらうための室内に向けた景観を大切にしています。 リビング・キッチン・お風呂・トイレと、それぞれの窓から覗いた時もっとも美しいビジュアルになるよう、一部の土地は底上げし、その高低差を利用し溜池までの水の流れを造りました。池には小魚もいて四季折々の眺めを楽しめます。

一方ゲストエリア以外の居住空間は、3階バルコニーまでつづくリビング階段が一気に見える開放感のあるモダンな現代住宅風に仕上げました。

建物自体は3階バルコニーの関係で、外から見た際縦のラインが間延びして見えるのを防ぐため、駐車場側の色味と外壁の色味を合わせ違和感を解消しています。また、カーテンの無いすっきりした家づくりと外部からの視線を防ぐために一般ではあまり見られない窓のつくりと配置にしております。
S様は原口想建の家づくりをご信頼くださり、ご希望と必要条件をお伝えくださったあとはすべておまかせくださいましたので、細かな調度品までほぼすべてプロデュースさせていただきました。

会話を楽しむダイニング

食事をしながら会話を楽しむ空間。TVは不要と施主様。

洞窟と地層をイメージした壁

「落ち着く空間」を既存の枠に当てはめず発想し、洞窟暮らしだった太古の住居をイメージした壁

自分たちが愉しむ庭

寛いでいる時、常に眺められる庭。心を癒やす空間です。

gallery

ウッドワン空間デザインコンテスト2017年最優秀賞受賞

◯コンテスト応募のきっかけ

施工が7割方仕上がった段階でコンテストのお話を聞き、尊敬する伊東先生が審査をされるということで応募を検討。施主様からも是非にとおっしゃって頂き、応募を決めました。

◯受賞について

結果として、日本全国359件応募中、堂々1位の評価を頂くことができました。 「落ち着く家」というご希望を、どのように解釈し快適な住空間として実現していくか悩みながら作り上げたので、今回の受賞は大変嬉しく思います。 ご依頼当初は、外観がキューブで決定しており、かつ、料亭の庭と雰囲気をご希望ということでイメージのギャップにかなり戸惑いましたが、 既存の料亭の形にこだわるまい、自分が新しい料亭らしさの概念を作れば良いのだと腹を決めると、イメージが進みました。

◯今後の抱負

これまで、お客様のご要望を細かく拾い上げすべて決定していただくのが良い家づくりなのだと考えていましたが、今回の家づくりでは、そのご希望により大きく深く踏み込み、 お客様のご要望以上の驚きと感動を形にして提案することができました。 すでにあるイメージや商品の枠にとらわれず、お客様と二人三脚でお客様だけのイメージを形にしていくような、他にはない家づくりの方向性を、今後の活動の柱に据えて行ければと考えています。

    woodone空間コンテスト2017受賞レポートページへ
      

西鉄犬塚駅線路沿いの大屋根が映える外観

施主様のご希望

格好良さ・スタイリッシュさを重視


本好き・カメラ好き・アウトドア好きと豊かなライフスタイルをお持ちのH様ご家族。家づくりの舵取りは主にご主人様が、家事動線に関わる部分は奥様が担当なさいました。
中二階には読書家ご一家ならではのこだわりが詰まったブックシェルフエリアを配置。奥には机もつくりつけ、読書や勉強ができる書斎スタイルに。キッチン奥にはパントリー兼収納庫。こちらに設置した机は、奥様の作業スペースとして利用されるそうです。(ちょっと工事中・工具の写り込んでいる写真が多いのですが)実際の室内は、細部まで施主様のこだわりが反映された隙のない美しさに仕上がりました。

大量の本を収納できる書庫エリア

蔵書収納に加え、オープンスペースに机を設え、ゆとりの書斎が完成しました。本当に読書がお好きなご家族ならではの配置です。

凛とした佇まいのキッチン

黒天板と木目のコントラストが美しいキッチン。背面はすっきりさせつつ収納も確保。

大窓とベランダには一工夫

ベランダ部分に取り付けた物干しの金物はタープを張るのにも使えます。

gallery

筑前町東小田小学校前、アクセントカラーの水色が目立つ外観です。

施主様のご希望

住居兼美容室を新築されましたY様。店舗部分は美容室としての機能だけではなく、お客様の日頃の疲れを癒せる憩いのスペースを設えたいとのご要望でした。


おまかせ頂いた店舗デザインは、アクセントにフランスやチェコのアンティークを用いるなどし、木のぬくもりにヴィンテージなスタイリッシュさをプラス。リラックスできる雰囲気を重視しました。 お子様連れのお客様のために、ガレージにはコストコ購入の遊具を設置。雨が降っても目一杯遊べるうえ、美容室側から見守れる構造にしています。お店の前の4.5帖の広々デッキも人気スペースです。
住居部分の大きな特徴は8帖の玄関土間!ご家族やお友達との団欒スペースとして様々な用途で活用できます。 リビングにはハンモックやお子様用の雲梯をセットできるなど、遊びごころいっぱいの施工。キッチンは娘さんとパン作りなどをしたいという奥様のご要望に沿って、オリジナルの作業台を造作いたしました。

レトロモダンなスタイル

空間デザインから備品のセレクトに至るまでをトータルコーディネート。アンティークなテイストも要所に加え、尖りすぎない居心地の良さを追求しました。

個室風に切り離したシャンプールーム

独立したシャンプールームはヘッドスパなどの際、お客様に心から寛いでいただくため。

ソファを置ける土間

広々とした8帖玄関土間はソファとストーブを置くご予定。気心の知れたお友達とゆっくり話込める他にはないスペースです

gallery

住所:〒830-0061 福岡県朝倉郡筑前町東小田448-4

電話:0946-42-0021

OPEN:9:00-17:00 (土:9:00-14:00) 日/祝休み