部屋数を減らし家をコンパクトに再生する、減築リフォームという選択肢

「減築」という言葉をご存知でしょうか。

リフォーム用語でよく聞く「増築」は、部屋数や家の面積そのものを増やすことですが、「減築」とはその反対、不要になった家の中のデットスペースをリフォームによって削り、残った「生活に必要なスペース」の質を、もっとあげましょうという考え方です。

減築リフォーム、例えば…

お子様が独立された家などは、子供部屋をまったく使用しなくなるケースが多いでしょう。
もう使っていない部屋だとしても、家の中にある以上、維持・管理しなければなりません。定期的な掃除はもちろん、日々の換気も必要です。使うあてもないのに、手間もコストもかかります。それならばいっそ使わない部屋を無くして、今の生活にあう形に家の構造をすっきりさせてしまったほうが、ぐっと暮らしやすくなります。

具体的には不要な部屋同士の壁をつなげて大きな収納スペースにしたり、2階部分をまるごと無くして平屋建てに改築したりします。
色々なやり方が考えられますが、大事なのは、不要なスペースを無くすことで、より、今の暮らしにマッチした構造の「住みよい家」に仕上げることです。

減築リフォームのメリット

この減築には、建物の価値をあげるという効果もあります。

  • 家面積が減ると当然、総重量が軽くなり、その分耐震度があがります。
    (そうなるように施工します)
  • 暖房光熱費などの生活エネルギーが不要な部分に回らないので、より省エネな生活ができるようになります。(光熱費を削減できますね)
  • 部屋数や仕切りを減らすことで、通風・採光の効率をあげられます。
  • 今ある家を有効に活用できますので、なにかを足していくようなリフォームよりはコストがかかりづらいです。

減築リフォームの難しさ

一方で、「減築」らなではの難しさもあります。

  • すでに一軒家として完成している建物の構造を変えるので、耐震度や安全面は十分考慮する必要があります。特に壁や柱を抜く場合は、建物の現状を見ぬいて安全を判断できる専門知識と腕が必要です。

原口想建ではこのような「減築リフォーム」にも柔軟に対応しております。
ご相談の際はじっくりと現状のお暮らしをお伺いし、住宅の調査の十分に行った上でご希望に沿ったプランをご提案させていだきます。

福岡・朝倉・久留米・うきは・大牟田などで減築リフォームをお考えの方は、ご遠慮無くご相談ください。