ペットにやさしい家づくり。猫と飼い主の幸せな工夫-実例集

ペットを飼ってらっしゃるオーナー様は、とても真剣に「この子(ペット)にとって良い環境を」とご相談くださいます。

ペットのためのアイディアや現状の困り事など熱心なご相談を受けます度に、「大切な家族なのだなぁ」と実感しますし、「その思いに応えよう!」と気合が入ります。

今回はペットの中でも「猫」にフォーカスを当て、原口想建で実際に施工した様々な工夫をご紹介しようと思います。

壁一面のキャットウォーク

キャットウォーク

テレビの上の高窓に、ちょっとした出っ張りがあるのにお気づきでしょうか。実はこちら、オーナー様が猫の為にしつらえた場所なんです。

室内飼いの猫のためのお気に入り&運動ポイントを、というご要望でお作りしました。左下に続いている棚風の段は猫の為のキャットウォーク。ここを通って光いっぱいの高窓で外を眺めたり、日向ぼっこをしたりできるようにしています。

とはいえ事前に打ち合わせも確認もできない猫がターゲットの施工、万が一、気に入ってくれないなんてこともあり得るので、棚としても使用できるデザインにしています。

幸い本人(猫)のおメガネに叶ったようで、ひなたぼっこをしながらくつろいでいるそうです。市販のキャットタワーに比べ、倒れる心配が無い事と床面を占拠しないというメリットもありますね。

インナーテラス(半室内)

インナーテラス

光と風を通す壁でガードした、猫が家の外に出ずに遊べるスペースです。中は光がふんだんに入り明るく、洗濯物干しにも使えます。

目隠しの壁は、万が一にも脱走できない幅でしっかり施工。猫は意外と細い隙間も通り抜けてしまいますから、この辺りは気を使います。

リビングつづきのこの場所なら猫は飼い主の目の届く範囲で、外の匂いや音・風景などを安全に楽しめます。オーナー様はこちらでバーベキューなどもされているそうです。

この事例の施工実績ページはこちら

すべてのドアを丸ノブに。賢すぎる猫対策。

丸ノブ

賢い猫を飼ってらっしゃるこちらの新築住宅では、オーナー様のご要望で、家中の扉のノブを丸く捻るタイプにしました。実はノブが取っ手式だと猫が器用にドアを開けてしまうのだそう。感心しますが万が一の脱走につながっては大変です。

猫用ドア

一方で、猫が自由に出入りして良い範囲には、猫専用の通り道をすべてのドアの下部に取り付けています。通り過ぎた後はマグネットでぴたりと閉じる仕様です。ドアはすべてデザインから起こした創作家具なので、様々な工夫が盛り込めます。

匂い対策もばっちり!トイレの中の猫用トイレ

猫トイレ

トイレスペースに猫用トイレを設置しています。周囲の壁・床には防臭効果のあるものを使用。上部に取り付けたライトは光消臭を行っており、匂いを感じさせません。

「トイレの中に」というのは、オーナー様が日常のお世話の経験から「ここが良い」と判断されてのご要望でした。

猫を飼ってらっしゃるそれぞれのお家の事情や猫の個性によって、ベストな配置は違ってくると思います。(原口想建は完全注文住宅なので、個々の案件に臨機応変に対応できます)

この事例の施工実績ページはこちら

終わりに

 
いかがでしょうか、原口想建が実際にこれまで施工した、猫のための工夫をご紹介しました。どちらの家づくりでもオーナー様ご家族のペットへの深い愛情が伺えます。

室内飼いがスタンダートになりつつある現代ですから、大切なペットにとってもお世話をするオーナー様にとっても、ストレスのないハッピーな家づくりを考えたいですね。

この他にもペットの為のアイディアや工夫、お困りごとの解消などをご希望でしたら、お気軽にご相談ください。